会計事務所などの専門家を頼り、正しい資金繰りを学ぶ手段もあります。

資金繰りについて正しく理解しよう!上手な資金繰り方法

MENU

上手に資金繰りをするために

 

会社を起業当初まず問題になるのは資金繰りではないでしょうか?
会社経営を行っていくに当たり、資金繰りを正しく理解しておかなければ、倒産する事にもなりかねません。

 

 

資金とは

 

電卓とペン

資金繰りを考える前に、まず「資金」について正しく理解しておく必要があります。
資金とは会社を経営していく為に必要なお金であり、会社の事業の元手になります。
資金が無ければ会社を経営していく事は不可能です。

 

「会社の倒産」とは、「会社の資金がなくなること」を示します。

 

 

資金繰りとは

 

資金繰りとは、資金が無くならない様に資金の出入りを把握しておく事です。

 

資金が足りないようであれば、不足分の金額を銀行などから調達する必要がありますし、資金の余剰分が出たのなら、その資金を利用して会社の事業をより大きくしたり新規の事業へ活用するなどの運用をする事が出来ます。

 

また、顧客から売り上げを回収したり、取引先への支払いをする事なども「資金繰り」になります。
いくら売り上げを上げて利益を得ていても、この資金繰りがうまくいかなければ「黒字倒産」という形になりかねません。

 

逆に言うと、例え赤字経営であったとしても、資金繰りさえうまく言っていれば倒産せずに会社経営を存続させる事ができます。
会社のお金の流れを正確に把握し、その時々に応じて資金の調達と運用を上手に行う事が、経営者の手腕につながり、会社の信用にもつながってきます。

 

 

資金繰りを上手に行う為に

 

本などで独学で勉強をして資金繰りを学ぶ事もできますが、数字が苦手であったり、会計や簿記に慣れていない人には、資金繰りを理解するのは難しいかもしれません。

 

正しく資金繰りを学んでおく為にも、会計事務所などの専門家を頼るという手段もあります。
多少の手数料は発生しますが、資金繰りについて専門家と話し合いができ、それによりよい会社経営を行う事ができます。