インターネットを活用して安い費用で求人募集が可能なサービスやツールが普及しています。

ベンチャーのための低額から始める求人募集!おすすめのサービス紹介

MENU

低額ではじめる求人募集

面接風景

求人は大手ネットサービスに大きく紹介してもらうと数十万円から数百万円の費用がかかります。
業種によっては人材派遣会社に紹介された人を雇うと1人につき数十万円の紹介料を取られるなど、求人募集や人材確保をするのはお金がかかります。

 

しかし、昨今ではインターネットを活用して安い費用で求人できるサービスやツールが普及しています。
創業後まもない会社や個人事業主にオススメの求人募集方法をまとめました。

 

 

ハローワーク

ハローワークへの求人掲載は無料です。登録する事業者は雇用保険の加入など一定の基準を求められます。
デメリットは応募者の質が低くて、雇用保険請求で形だけの応募をする人や、スタッフに斡旋されて強引に応募されるケースが多いので面接のキャンセルも多いです。
全国的に東京などの都心部より地方の方がハローワークの利用比率が高いです。

 

 

インディード(Indeed)

無料求人の定番サービスです。
積極的に広告活動を行っているので閲覧者も多く、無料求人枠を設けています。
優良求人にしないと目立つ場所に掲載されないデメリットがあります。

 

有料求人に比べると効果は限定的ですが、無料ツールのなかではオススメ度が高いです。
インディードは無料求人と有料求人で差別化して、広告活動などで人を集めて効果をアピールし、すぐに必要な時や応募者を増やして優秀な人材を絞り込みたい需要を狙っています。

 

 

無料限定求人サービス
  • 仕事Free
  • シゴトの森
  • ジモティ

 

上記は有名どころのサービスで、有料メニューの用意がないので安心です。
ほかにも多数の無料求人サービスがあります。
ジモティであれば、職人のアシスタントなど地域密着型の求人が多く、シゴトの森ではライティングの仕事や資料作成などパソコンを使えばできる簡単な仕事を全国を対象に募集しているケースが多いです。
求人サービスによって特性が異なるので、現在出ている求人情報を見て自分の職種にマッチしたサービスを選びましょう。

 

 

SNS

SNS求人では、投稿者の情報がしっかりしているFacebookがもっとも適しています。
求人情報を記載して人が足りてない状況なども添えて投稿しましょう。
自分の友達だけでは限界があるので、いかに既存の友達にシェアしてもらって多くの人に見てもらえるかが重要です。
シェアしてもらうにも友達の数が必要です。頼めるのであればSNSの友達が多い人に代理で投稿してもらったり、シェアしてもらうように直接交渉してから投稿するとよいでしょう。

 

 

小規模業者は低額求人でも人を集められる

仕事を探している人は、大手の安定した仕事をしたいのであれば大手求人サービスを利用します。
逆に低額や無料で利用できる求人サービスを閲覧している人は、大手ではなくて個人経営者など小規模な会社や個人事業主のもとで働きたい人が多いです。
つまり、起業して間もないベンチャー企業や個人事業主の場合は無理して高額な求人サービスを利用するよりも、身の丈にあったサービスで求人を出した方が人を集められます。

 

ただし、大手のキッチリした仕事が嫌で緩い働き方を求めているなど甘い考えを持っている人も多いので、人材の見極めは重要です。
相場より高い時給などしっかりした条件を提示すれば、相応の反応を期待できます。

 

注意点として求人を出して応募に対する応対や面接をするのも大きな手間になります。
無料求人を複数利用すると手間も色々と増えて、条件変更するのを一部のサービスで忘れてしまいトラブルになることもあります。
しっかり管理する意味でも、求人で利用するサービスは1つか2つに絞り込むことが望ましいです。