会社を上場させると、社会的な信用を得ることができ、社会的な知名度のアップにもつながります。

上場とは?会社を上場させるために必要な条件とは

MENU

会社を上場させるためには

 

上場」と言う言葉を聞いた事があっても、株式に詳しくない限り何の事かよくわからない人は多いかと思います。
上場とはどういうものなのでしょうか?

 

 

上場とは?

業績イメージ

 

上場の「場」は株式市場の事で、上場とは、株式市場に上がる事により、証券取引所で株式の売買ができるようになることを言います。
上場企業とは、会社の株式を発行する事が出来る企業のことを言います。

 

上場する前の株式会社は、限られた方の中でしか株式を売買することができません。
しかし、上場すると株式市場という誰でも株式を売買できることができます。

 

そのため、上場すると多くの株を発行することにより、株式市場で多くの資金を集める事が出来、それにより会社の事業を拡大するなどにつなげることができます。

 

 

上場するには?

 

会社を上場させたい!と思ってもすぐに上場できるものではありません。まず、上場させる為には様々な条件をクリアする必要があります。
株式市場にはランクがあり、そのランクによって審査基準が異なってきます。

 

株式市場のランクは上から、東証一部東証二部ジャスダック(スタンダード)マザーズジャズダック(グロース)となっています。

 

審査基準の内容は上場見込みを含めた株主数や企業の収益性・純資産・時価総額などがあり、それらの基準をクリアする必要があります。

 

上場企業はこれらの基準を満たしていることになるので、社会的な信用を得る事が出来ます。
また、株式を上場する事により、社会的な知名度のアップにもつながります。

 

しかしデメリットも存在します。
上場企業は株主に会社の情報提示の義務が課せられる為、会社にとって不都合な事実であっても後悔しなくてはならないリスクもあります。
また、上場を維持する為には年間5,000万円~1億円ほどの費用が必要になります。

 

資本金について