自社のHPで従業員を募集すると、自社の企業内容についても深く理解してもらえます。

従業員選びのポイント-採用のタイミングの見極め方

MENU

従業員選び方とは?

 

起業するに当たり、一番最初に気にかかるのは従業員の確保ではないでしょうか?
従業員を選ぶときにはどのような事に気をつければよいのでしょうか?

 

 

従業員を採用するときのタイミング

 

面接風景

起業したらいつ従業員を採用するべきか、悩み所ですよね。
端的に言えば、どうしても従業員が必要な事業以外は、最初は起業した仲間たちで仕事を回していくか、自分ひとりで仕事をしたほうが良いでしょう。

 

起業したばかりでは売り上げを確保できていない為、従業員の給料の支払いが大きな負担になってきてしまいます。

 

まず会社を設立した後は、軌道に乗せる事を第一目標にし、売り上げをきちんと確保できるなど、安定した会社経営になった後に従業員を採用したほうが無難でしょう。
どうしても従業員が必要な場合でも未経験者の採用には注意が必要です。できれば任せたい事業にある程度精通している人材を採用するべきでしょう。

 

従業員を雇用すると、その従業員に対し様々な責任を負わなくてはなりません。業績が悪いからといって間単に解雇するわけにはいきません。
従業員は労働基準法などの法律に労働者として守られています。それだけではなく、従業員の生活やその家族に対しても責任を負わなくてはいけません。

 

従業員を採用する前に、会社の今後の事業計画などをきちんと見極めるようにしましょう。

 

 

従業員の採用方法

 

従業員をより広い分野で探すのであれば、ネットの求人媒体を利用するほうがよいでしょう。
しかし、この場合コストが大きくかかってしまいます。

 

自社のHPを立ち上げて従業員を募集するという方法もあります。
その場合、自社の企業内容についても深く理解してもらえるでしょう。

 

また、安定した労働力を持つ従業員を探すのであれば、人材紹介会社に依頼するという方法もあります。
しかし入社時に人材派遣会社に手数料がかかります。